株価が下がりだすと株式ブログをやっている人たちは元気がなくなってしまいます

株価が下がりだすと株式ブログをやっている人たちは元気がなくなってしまいます。
ダメな時は長期戦覚悟でのぞむ人もいるようですが、今まで株価が上がってその恩恵を受けておいて少し株価が下がってくらいでへこたれるなんて投資家としてはまだまだではないでしょうか。
投資とは上げ下げも存分に味わってこそ投資の何たるかがわかるのではないでしょうか。ただ、金融資産が見える形で毎日削られていくというのは精神的にダメージを与え、それがボディーブローのように後から効いてきます。
家に帰ってきてパソコンをつけると持ち株は緑の数字で、赤い数字が全くない日が続くという日々は現物株式しかやらない人にはつらいかもしれません。そのような状況になると四六時中「どうしてもっと早くポジション落せなっかたのか。」といいことばかり考えるようになります。今の状況はパニック売りが来てその後買いでリバウンドしているだけです。
本当の下げというのはパニック売りが来てもそれを吸収できる買いが全く入らない日々が続き、日々出来高が細っていく状況です。
このようになっていないので私はまだまだやれると思います。ミュゼ 最安値

最近稲刈りをもう済ませている田んぼを見かける

最近ランニングするともう稲刈りをして稲を鉄の棒にかけて干している田んぼがあったり、おそらくはモミを乾かしているのであろう乾燥機の音を響かせている家があります。
我が家ではまだその話は出ておらず、おそらくは例年通り9月末から10月上旬にやることになるでしょう。
稲刈りは面倒くさくてならないのですが、やればやったで楽しかったり珍しい生き物が見れたりするのでそんなに印象は悪くないです。
でもいつもの生活のペースが見だされてしまうのでやっぱり早く終わらせてしまいたいものです。
ここ数年は田んぼの水はけが悪くて泥に足をとられながら稲刈り機が入れない場所を鎌で刈るのですが、その時足をとられると体力を吸われて辛くてなりません。
今年はそのようなことがないように願いたいものですが、最近は雨が多いので今年もまた泥まみれになる予感がしています。
あと去年は甘柿の木から高枝バサミで柿を毎日とっていたことがありました。
父によるとつけたままにしておくと山から熊が降りてくるという話しだったのでとらないといけないで今年もやることになるでしょう。お腹の脂肪を落とすサプリ

スポーツ選手の引退後のキャリアがスポーツの振興を邪魔する

世界で活躍する日本人のスポーツ選手は、それこそ何人もいたりします。
しかし、スポーツの盛んな国からしてみれば、日本のスポーツ界というのは、あまり発展しているとは言えないらしいです。
いろいろな面でしっかりとスポーツする環境が整えられているとは言えないし、スポーツというもののポジションが低いのかもしれません。
なんとなく、私たちの肌で感じる感覚としても、確かにそういう面はあるような気がします。
スポーツが出来るよりも、勉強が出来たほうが将来のためになりそうかなと、私も子どもながらに思っていました。
しかし、そここそが日本でプロスポーツが育たない原因なのかもしれませんね。
というのも、頑張ってスポーツ選手になっても、いずれ体力は衰えて、現役の競技者からは引退しなくてはなりません。
そういうときに、その後のキャリアをどうするのかと考えると、明るい展望はなかなか描きにくいと思います。
スポーツ選手としてのピークは人生の早い段階で訪れるのに、そのあとで苦労するのではという不安が大きいのではないでしょうか。

忙しければ惣菜に頼っていいと思うが、それを全体論にしないほうがいい

共働き世帯が増えて、食事をすべて手作りにするのが負担という声があがっています。
その気持ちはわかります。私もフルタイムで週5日働いていたときは、自炊なんて大変でしたから。
そのころの私は実家住まいだったので、ホント親に頼ってなんとかしていたものです。
ですから、働いている人は惣菜でも外食でも、頼れるものに頼っていいと思うんです。
それを批難して、何が何でも手作りの食事じゃないとダメ!というのは、わかってない人の意見です。
ただ・・・どうも話が飛躍しすぎるところもあって。
日本の主婦は家事レベルが高すぎる!とか、ご飯をきちんと作りすぎる!海外の家庭ではそんな立派な食事をしていない!とか。
あたかも食事をしっかり自炊するのがよくないような意見まで見当たります。
きちんと作るに越したことはないと思うのですよ。
もちろん、それが負担で本当は作りたくないというなら、無理しないで惣菜に頼ればいいです。
しかし、多少大変でも、やっぱり自分で栄養バランスや味つけに気をつけながら作る食事を家族に食べさせたいという人もいます。
そういう頑張りまで批難するのはお門違いです。
それぞれが自分の思うとおりにすればいいだけの話です。ミュゼ 効果 口コミ

昔の童謡ってぶっちゃけ今の子供は知らないのでは?

思い出のメロディーというNHKの特番で、昔懐かしい童謡が紹介されていました。
私は実は童謡が大好きです。
童謡はまだ出来て100年しか経ってないらしいのですが、もっと前からあるようなイメージがありました。
ゆりかごの歌、里の秋、みかんの花の咲く丘が歌われましたがどれも昔ながらの童謡でいい曲ですよね。
番組の中では子供達が合唱していましたが…ぶっちゃけた話、今の子供たちってこれらの童謡を知らない子が多いのではないか?と思っています。
実はもういい歳した私でも里の秋は知ってるけど一部分しか歌えません。
日本の歌100選という物に懐かしい童謡がたくさん入っていますが、多分学校の教科書に載っていないような物ばかりだと思うのです。
実際に私も知らない曲も入っていて、「この曲しらない」と言ったら年配の上司に「えっ、知らないの?」と驚かれました。
昔の童謡って言葉が美しくていい曲ばかりだと思うのでどうか歌い継がれてほしいなと思いますね。
もし子供と関わる機会があれば童謡を教えたいです。いぶきの実

物語のりんご早食い大会の続きの話などをします

まずは、それぞれ開始の直前に、ポーズをとってからが、基本となります。似ているようなポーズを、とるものもいます。それはなぜかというと、どのようなポーズをとると良いのかが、いまいちよくわからない選手も、いるからなのです。一応のルールのようなもので、必ずポーズを、とらなければならないなどの、決まりもないので、ごく少数ではあるのですが、ポーズをとらずに、少しふてくされぎみの表情から、その大会のりんごの早食いを、開始するキャラクターもいます。分かりやすく言うと、そのふてくされぎみの表情が、なぜなのかと考えてみた時に、やる気ないように、思わせながらの不愛想なだけというのが、あります。世間にも、じっさいにそういう人もいます。言葉は、きつくても、心は、優しい人なども中には、います。見ためだけで判断できる範囲も、限られてきてしまうのが、実情なのである場合も、少なくなかったりもします。本質的なものは、心の内側にあると、自分は、そういう風に、思えたりもしてしまうのです。エピレ予約変更

子供用の風邪シロップっておいしいし意外と効きそう

子供のために子供用の風邪シロップを買ったんですよ。咳が止まらないから、少しでも楽になったらいいなと思って飲ませたんです。
飲ませるまでが大変だったんですけどね。なにこれ?えっなに?飲まなきゃダメなの?嫌な予感がするよー!ぎゃー!と泣いてしまってどうしようかと思いました。

こっちも風邪ひいてるから暴れられても困るのでこれ飲み終わったらチョコあげるからと誘惑しました。そうしたら嫌々飲んでいましたけどね。そして咳が落ち着いたようだったので効くんだなーと、自分も飲んでみようかなとちょこっともらったんです。これが思いの外喉を守ってくれてる感じがしてよかったです。

それ以来ちょこちょこ飲んでいます。飲んでしばらくは喉の痛みが軽減している気がするのであると助かりますね。というか子供より私の方が飲んでしまってもうなくなりそうです。風邪もまだまだ治りそうにないし夫に新しく買ってきてもらおうか悩んでいます。
また買うの?と不思議がられそうですけどね。http://www.fndg.co/mobit/okane.html

そんなに何も買っていないつもりなのですが。

そんなに何を買っているつもりもないし、不要なものは買わないようにしているのですが、やっぱり毎日の生活って本当にお金ってあっという間に掛かってしまいますね。本当に毎月必要なものって節約をしながら購入しても本当に毎月の支払いは結構溜まってしまうので、今以上に節約をしないといけないと思っています。なので私は未だに母の日の贈り物も父の日の贈り物も終わっていないので何とかして早くお金を貯めないといけないと思っています。私は体調が悪いのでその分お薬代とか病院代とかに出費が嵩んでしまっているのも結構辛いし、子供がどんどん大きくなるのでその分いろいろと必要になってくるものも変わってくるし、セールを狙って購入したり、安いものだけを狙って買っていてもやっぱりお金ってかかってしまうので、もっともっと毎日頑張って貯金をしないといけないなと思っています。主婦がお金を貯めるのは本当に大変だし、小さな子供がいるとなかなか思うように仕事もできないけれど頑張ろうと思います。

今日は子どもたちと久しぶりに動物園に行きました。

ゴールデンウィークに家族で動物園に行きました。近くにあり子どもの料金はただでしたので、季節ごとにいっている定番の場所です。当日は早く起きてお弁当を作って用意しました。天気も晴れていてよかったです。電車で向かい、動物園に入りました。休日なので家族連れがとても多かったです。動物は比較的見れました。特にパンダのところはたくさん並んでいて見るのに10分ぐらい並びました。子どもたちは動物が大好きなので大はしゃぎです。全部の動物を回りました。動物と触れ合えるコーナーもありますので順番に並びました。動物を触るまで30分並びました。ウサギとモルモットに触りご満悦でした。顔出しパネルがたくさんあったので写真が大好きな子どもたちは顔をだしてたくさん写真を撮りました。お弁当も全部食べ切ってくれたので作ったかいがありうれしかったです。朝から夕方までいましたがいろいろみてたくさん歩いて子どもたちはつかれたみたいで夜はぐっすりと寝てくれました。

コンピュータと金融技術における融合というのは

Itと金融を融合することこそファンテックと呼ばれる物になります。これは金融とテクノロジーを融合させた言葉であり、様々なIt技術によって新しい金融サービスを提供しようとするムーブメントの一つになります。その基盤となっているのがブロックチェーンというものでありこれによって金融とitテクノロジーというのがかなり融合させることがやりやすくなったということにします。基本的には電子データというのは極めて腹水がしやすいものであり移動のさせやすくなってしまっているのですがそれをできにくくしたりするのがブロックチェーンになります。なにしろ基本的に複製がほぼ不可能に近いという形になりますのでブロックチェーンという技術によって金融における資金移動というのは極めて有効的でありかつ効率的に行うことができるようになったということになります。仮想通貨などはその水であるというものであるといえるので、これからますますその技術によって新しい金融サービスや金融商品というのが現れてくることになるでしょう。http://www.abateofutah.org/